【ピアノ】ブランクのあとにテクニックを取り戻す方法

スポンサーリンク
「数年間のブランクで指がうごかない…」
ピアノを再開したときにぶつかる壁ですね。
本記事を通して、
まずは「中断前程度」までテクニックを戻す方法を
お伝えします。
「中級程度」よりも先まで学習が進んでから中断した学習者向けです。

 

以前から書いているように、

表現したいことがあってこそ

逆算的に必要なテクニックが生まれます。

しかし、

ブランク明けで

あまりにも指が動かなかったりすると

それ以前の問題ですよね。

最低限のテクニックは

多少機械的な練習を使ってでも

戻しておく必要があります。

 

テクニックという言葉には

「出したい音を出すための指先や身体の使い方」

なども含まれますが、

今回は「指を敏速に動かす」ということに

焦点をあてています。 

 

ブランクの後にテクニックを取り戻すことは可能です。

しかし、

一定の努力が必要です。

一日で取り戻せるような魔法はありません。

筆者自身が実践して効果を感じた方法をご紹介しますので、

以下、やり方と注意点をみていきましょう。

 

■ブランクのあとにテクニックを取り戻す方法

♬ 何が理由で中断したのかを思い出すところからスタート

 

私が推奨するやり方としては

① 基礎練習で “両手” をバランスよくトレーニングし直す
② 基礎練習を継続しながら、以前に得意だった一曲を一点集中で取り戻す

この2ステップです。

 

しかし、以前に中断した理由が

「コルトーやハノンが嫌だったから」

などと基礎練習が原因だったのだとしたら

「①」および「②の基礎練習部分」は省かなくてはいけません。

また中断することになってしまいますからね。

 

まず、

「何が理由で中断したのかを思い出す」

ここからスタートしましょう。

 

♬ 基礎練習で “両手” をバランスよくトレーニングし直す

 

基礎練習の教材はコルトーのピアノメトードを使いましょう。

こういったエチュードは

無闇にやっても効果は上がりません。

しかし、

内容を絞りに絞って適切に取り入れることで

カチンコチンの手に刺激を与えることができます。

 

コルトーを使ってこなかった方は、

ハノンを引っ張りだしてください。

 

コルトーのオススメの取り組み方は

「4本の指の練習-1本の指を持続(指の均一と独立)No.2a-2e」

これだけを使うことです。

(理由は、記事終わりにあるリンクを参照してください。)

 

また、

◉ 楽譜上より右手を1オクターブ上げた状態でスタート
全調で弾く(指使いは同じままで)

この2点を取り入れます。

(これらの理由も、記事終わりにあるリンクを参照してください。)

 

ハノンを使用する場合は、「第1番」のみを使用します。

どちらを使うにしても、

ハジからぜんぶやり出すと

弾き終えることが目的になってしまいますので

あまり良いやり方とは言えないでしょう。

 

指の動きは

「筋力」だけでなく、

「頭の働き」が強く影響しています。

お酒を飲んだ後にピアノを触ってみると気づきますが

指が思うように動きませんよね。

同じ筋力を持っていても指の動きが鈍くなります。

したがって、

「ブランク前と同じくらい、頭を速い動きに慣れさせる」

この意識が必要です。

ゆっくりと確実に弾く練習から始めるのは当然として、

しっかりとテンポをあげるところまでやりましょう。

 

練習効果を「練習時間」で判断するのは適切ではありませんが、

2,3分で切り上げられても困るので

時間の大まかな目安を書いておきます。

【ブランク前に中上級〜上級レベルの学習まで到達していた学習者】
・基礎練習を毎日最低でも30分
・まずは2週間継続する【ブランク前に中級レベルの学習まで到達していた学習者】
・基礎練習を毎日最低でも20分
・まずは2週間継続する

 

♬ 基礎練習を継続しながら、中断前に得意だった一曲を一点集中で取り戻す

 

ブランク明けの ”楽曲” への取り組みは

「中断前、もっとも得意だった楽曲を一点集中で取り戻す」

まずはここから。

これができるまで

新しい楽曲に手を出すのは我慢してください。

 

もっとも得意だった楽曲を使う理由としては、

解釈的なことはある程度クリアされているはずなので

音楽的な面についてはもちろん

テクニック面に焦点をあてて取り組めるからです。

また、

”楽曲” が一曲でも手元に戻ると

モチベーション的に前向きになれるのです。

 

ただし、

逆説的なことを言いますが

指が動くかどうかの結果を急ぎすぎないこと。

経験があると思いますが、

同じだけのテクニックを持っていても

新しく取り組み始めた楽曲よりも

つい先日まで弾きこんでいた楽曲の方が

指が動くように感じるのは当然。

ですので、

取り戻し始めて間もない楽曲では

判断できない部分もあるからです。

 

「ブランクを明けて短くて2-3週間程度で、ある程度テクニックが戻ってくれば良い」

このように考えて、

思い詰めない程度の気持ちで

ピアノへ向かうといいでしょう。

 


 

一度中断したからといって

楽曲を理解する力がゼロに戻るわけではありません。

「基礎練習」と「以前、おはこだった一曲」で

最低限のテクニックだけ戻したら

あとはとにかくたくさん “新たな楽曲” も練習してください。

そうすれば、

思っているよりも早い段階で

中断時点まで復帰できるはずです。

正直、ブランク明けでいちばん衰えているのは

音楽性ではなく、いわゆる「テクニック」です。

 

✔︎ あわせて読みたい


 

【ブログ記事】

【ピアノ】「コルトー」まず取り組むべき楽曲はコレだけ!

ハノンで力をつけるためのポイント7選

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました