【ピアノ】頻出!回り込みのメロディに注意

スポンサーリンク
多くのメロディに使われている「回り込みによる装飾」
本記事では、それらの音楽的な演奏方法を解説しています。

 

記事の信頼性


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

 

譜例を見てください。

このような「回り込みのメロディ」は

本当によく出てきますよね。

こういった音型で注意すべきなのは、

「回り込みがなかったとしたら、どういうメロディになるんだろう?」

という視点で考えることです。

左の譜例の場合は

「D音 – H音 – C音」

というメロディですが、

点線で示したように

「D音 – C音」という動きが基本です。

それが回り込みで装飾されて

「D音 – H音 – C音」となっているだけなのです。

 

(再掲)

つまり演奏上、

「D音は、H音とC音の両方に対してつながりがある音」

と認識して

ダイナミクスや音色のバランスをとる必要があります。

「D音 – H音 – C音」と美しく弾けていても

「D音 – C音」のバランスを聴いたときに

どちらかの音が大きく飛び出ていたりすると

好ましくないということです。

 

右の譜例は逆のパターンですが

基本的な考え方は同様です。

 

細かいことのようですが、

譜読みの際にこういったことまで気を配れるようになると

演奏のクオリティが確実に上がります。

ぜひ意識してみてくださいね。

 

「譜読み」に関してさらに学びたい方は

譜読みのカテゴリーを参照してください。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました