【ピアノ】「音量」だけでなく「音質」も大事な理由

スポンサーリンク
本記事では、
具体例を挙げながら
「音量だけでなくて音質も大事な理由」を解説しています。

 

CDなどでピアノ曲を聴いている時のことを思い出してみてください。

フォルテの箇所は

どんなにボリュームを絞って小さな音量で聴いてもフォルテの音に聴こえます。

同様に、

ピアノ()の箇所は

ボリュームを上げて大きな音量で聴いてもピアノ()の音に聴こえます。

 

これが意味するのは、

「音量の大小だけでは、音がもつテンションは変わらない」

ということです。

ピアノ演奏において、

音量だけでなくて音質も大事な理由はここにあります。

 

弱音を出そうと思った時に、

タテにコツン!と打鍵するのと、

指の腹を使って押し込むように打鍵するのとでは

たとえ同じ音量でも音色は全く異なります。

 

念のための補足ですが、

「弱音の時は指の腹を使って押し込むように打鍵しないといけない」

と言いたいのではありません。

少し高度な考え方にはなりますが、

その楽曲によって

音色を選んで奏法を変えていくのが理想です。

そういった部分を読み取るのも「譜読み」です。

 

今回一番お伝えしたいのは、

「音楽を音量だけでコントロールしようとせずに、音質にも意識を向けてみるべき」

ということです。

音色をコントロールするさまざまな方法は

これからも少しづつ記事にしていきます。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました