【ピアノ】「テヌートの連続」と「レガート」の表現は異なる

スポンサーリンク

 

♬「テヌートの連続」と「レガート」の表現の違いがわからない…

 

頻出表現ですので、

本記事で解決しておきましょう。

 

 

【本記事の結論】
◉ テヌートの連続では「各音をやや強調しつつ、次の音と分離する」
◉ 基本的に、マルカートというのはスラーに反している

 

 

記事の信頼性


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

 

譜例を見てください。

左側の譜例のような

「連続してテヌートがついている表現」は

ニュアンスに注意が必要。

「レガートではない」のです。

言い方を変えると、

「右側の譜例のようにスラーが書かれている場合とは、表現が異なる」

ということ。

 

テヌートで音の長さを保つけれども、

次の音との間に紙一枚を挟むような

「一瞬の音響の切れ目」

を入れる表現です。

弦楽器でいう「デタッシェ」がぴったりで、

「各音をやや強調しつつ、次の音と分離する」

というニュアンスを探りましょう。

 

弦楽器や管楽器の奏者は

これら2種の譜例の違いに敏感。

演奏方法そのものに直結しているからです。

 

スラーが書かれている場合、

弦楽器では

「その間、弓を返さないで演奏する」

ということを意味します。

つまり、

各音の長さを保っていても弓を返すテヌートの表現とは

奏法自体がまったく異なるのです。

 

スラーが書かれている場合、

管楽器では

「その間、タンギングをしないで演奏する」

ということを意味します。

つまり、

各音の長さを保っていてもタンギングをするテヌートの表現とは

奏法自体がまったく異なるのです。

 

関連事項をもう一つだけ。

ここまで読んできて

勘のいい方は気がついたと思うのですが、

「基本的に、マルカートというのはスラーに反している」

ということがポイントです。

次の譜例のような表現は

少なくとも力のある作曲家は書きません。

どういう音楽なのかがわかりにくいからです。

「音楽の内容がわかること」が重要であり、

そういった観点は

作曲家だけでなく

演奏家も意識しているべきです。

 

「レガート」について更に学びたい方へ】
以下の電子書籍を参考にしてください。

◉「大人のための欲張りピアノ」シリーズ テクニック 基礎と応用 3冊セット:
「レガート」「スタッカート」「ペダリング」を克服したいあなたへ!

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」 もっとピアノが上達したいあなたへ

 

「Kindle Unlimited」をご存知ですか?

私が執筆している数百冊のピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

「初回30日間無料トライアル」を使って、

ピアノをもっと深く学んでみませんか?

もし合わなければ、いつでもすぐに解約可能です。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました