【ピアノ】毎日練習することが効果的な理由

スポンサーリンク
あらゆる生活環境にある現代人にとって
ピアノを毎日練習することは
困難な場合もあります。
しかし、
1日完全に休んでしまわないで
毎日ほんの少しでも
ピアノに触れるべき理由を解説しています。

 

 

記事の信頼性


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

 

よく、都市伝説として

「1日休むと取り戻すのに3日かかる」

などと言われます。

これはちょっとアバウトな意見だと思いますが、

休まない方がいいのは確かです。

一方、

その理由は「筋力の低下」にあるというよりは

「習慣の途切れ」

にあると感じます。

 

勝間和代さんが

彼女のYouTubeの中で、

「動画を毎日2本出す。習慣化しているから、下手に1日休む方が辛い」

とお話しされていました。

「習慣の途切れ」とはまさにこのこと。

 

「エッシェンシャル思考」という名著の中にも、

「エッシェンシャル思考の人たちは、締め切り間際になって急に慌てるようなことは絶対にない」

と書かれています。

つまり、習慣化しておいて日頃からコツコツとやる重要性が説かれています。

 

ピアノの上達においても当てはまります。

一般的にピアノを練習しなくなってしまう多くの方は

習慣化までもっていけなくて

1日休んでしまうことが事のスタート。

そして、

もう1日…

さらにもう一1日…

と増えていきます。

気づいた頃には完全にピアノから離れてしまっています。

 

習慣化のためには

「繰り返して頭に慣れさせる」

というやり方しかないのです。

ですから、

ほんの少しでもいいですから

毎日ピアノに触れるようにしてください。

あらゆる生活環境にある現代人にとって

ピアノを毎日練習することは

困難な場合もあります。

しかし、

1日完全に休んでしまわないで

毎日ほんの少しでもピアノに触れるべき。

そうすることで習慣化を達成できれば

もう、ずっと続けていけます。

 

勤務先の音楽学校で同僚の先生の何人かは

「初心者の頃、楽器の練習が嫌だった時期があった」

と話します。

その後、専門的に学んでいる方達ですら

必ずしも最初から楽器が好きで好きでたまらなかったわけではありません。

しかし、

継続して習慣化していく中で

自分の当たり前になり、

さらに言えば

無くてはならない存在になっていったということなのです。

 

「少しづつでも毎日続ける」

これを目標にしてみましょう。

 

◉ 「エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」かんき出版
  グレッグ マキューン (著), 高橋 璃子 (翻訳)

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」 もっとピアノが上達したいあなたへ

 

「Kindle Unlimited」をご存知ですか?

私が執筆している数百冊のピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

「初回30日間無料トライアル」を使って、

ピアノをもっと深く学んでみませんか?

もし合わなければ、いつでもすぐに解約可能です。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました