【ピアノ】原則:印象派以降の作品のテンポ変化

スポンサーリンク
本記事では、
印象派以降の曲中のテンポ変化について
「原則、こうしておくと上手くいくことが多い」
という内容をお伝えします。

 

記事の信頼性


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

 

印象派以降は特に

作曲家が楽譜に書き込む情報量が多くなります。

音符の数のことではなく、

テンポ変化などの情報量のこと。

 

rit. ひとつをとってみても、

いたるところに念を押すように

「少しだけ」

と書かれていたり、

言葉で具体的に

「◯◯のテンポで」

などと書かれていたりします。

後期ロマン派までの作品にもゼロではありませんが、

印象派以降はその量が圧倒的に増えるのです。

【補足】
もっと時代が進んで「現代音楽」になると、
テンポ変化の様子を曲線で指示したり
テンポ数値に少数点までもちだす作曲家(シュトックハウゼン など)
が現れ始めます。

 

印象派では、

特に「ラヴェル」は楽譜に多くのテンポ情報を書き込んでいます。

 

これらが意味することは

「作曲家が指示していない箇所は、原則テンポを動かさないべき」

ということです。

もちろん、

フレーズによって多少のアゴーギクがついたりするのは

作品によってはアリ。

しかし、

明らかに rit.accel. をしたりするのは

書かれている箇所以外、やめておくほうが上手くいくことが多いのです。

それをやり始めてしまったら、

作曲家がわざわざ「少しだけ」などと

ことあるごとに書き込んでいる意味がなくなってしまうからです。

 

テンポをあからさまに動かさなくても

「フレージング」「強弱」「音色」

等々、他にも工夫できる点はたくさんあるので

そういったところでメリハリをつけていくのが良いでしょう。

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」 もっとピアノが上達したいあなたへ

 

「Kindle Unlimited」をご存知ですか?

私が執筆している数百冊のピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

「初回30日間無料トライアル」を使って、

ピアノをもっと深く学んでみませんか?

もし合わなければ、いつでもすぐに解約可能です。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました