【30秒で学べる】ブラームス「ワルツ op.39-15」ワンポイントレッスン

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

 

ブラームス「16のワルツ 第15番 Op.39-15 変イ長調」ワンポイントレッスン!

譜例(Finaleで作成、30小節目の右手)

どうすればこの難所を攻略できるのでしょうか。

四角で囲んだ箇所が一つの手のポジションです。

「四角で囲った箇所を演奏する手の形」のまま、手を横に引っ越すのです。

「ブロックお引っ越し奏法」

とでもいいましょうか。

この時に、「手首を使いすぎないこと」がポイントです。

(余談ですが、ショパンの「エチュードop.25-12(大洋)」の全編で使われている音型でも、

「ブロックお引っ越し奏法」は効果的です。

あのような音型で手首をたくさん使って横に移動していると、

ゆっくりの時には弾けるのですが、

少しテンポが上がると全く対応できなくなってしまいます。)

 

今回の内容を「スクロール動画」で学びたい方はこちら!

【30秒で学べる】ブラームス「ワルツ op.39-15」ワンポイントレッスン

 

ブラームス「ワルツ op.39-15」を更に学びたい方へ

大人のための欲張りピアノ [ブラームス ワルツ op.39-15] 徹底攻略

 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました