【ピアノ】ペダリング習得の基礎は「椅子の位置」

本記事では、「ペダリング習得の基礎」について解説しています。
1番の基礎となる「椅子の位置」
意外と見落としてしまいがちな項目です。
音を出すよりも前に、まずは本記事の内容を確認してみてください。

ペダリングと密接に結びついてくるのが、

「椅子の位置」です。

椅子が鍵盤に近すぎると足元が窮屈になるだけでなく、

上半身における演奏にも悪影響が出ます。

「ペダルが踏みやすい位置」

というのは体の大きさによっても変わるので

こうすればOKという解決策を出すことはできません。

一方、おおよその目安はあります。

「パッと立ち上がってみて、躊躇なくすぐに立ち上がれる位置」

これが基本です。

「椅子を置き、そこに座った状態」で

これを満たせるポイントを探ります。

そうすれば、

「ペダリングの際の足元が安定する位置」

も見つかりますし、

さらに、

両手の指先に体の重さを伝えられるため

「上半身の使い方におけるメリット」

もあります。

 

ちなみに、

「左手のみで演奏するピアノ作品」を弾く場合は、

体への負担を考えて

「椅子をやや右にずらす方法」

をとられることがあります。

そういった場合には、

やはりペダリングの感覚も変わってきますので、

事前にご自身の体の大きさに合った椅子の位置を

具体的に決めておきます。

「弾きやすい」と感じる位置で構いませんが、

これを「決めておく」ということが必要不可欠。

そうすることで、本番の環境でも再現できるからです。

なんとなく見当でやってしまうと

本番で思わぬトラブルが起きる可能性があります。

もちろん、両手で演奏する作品でも同様です。

 

「椅子の位置」は見落とされがちな項目です。

毎日、ポンっと椅子に座って、

すぐに弾き始めていませんか?

繰り返しますが、

「椅子の位置」によって、足元と手元のテクニックが変わります。

まずは、ご自身の体の大きさに合わせて

この項目を見直すことから始めてください。

 

「ペダリングテクニック」を更に学びたい方へ

◉大人のための欲張りピアノ [ペダリング徹底攻略法 -基礎と応用-]

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました