【ピアノ】駆け上がりでクレッシェンドをサポートするペダリング

スポンサーリンク
ダンパーペダルの踏み始め位置を工夫すると
クレッシェンドの効果を
より効果的に聴かせることができます。

 

具体例で見てみましょう。

楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。

 

ブラームス「2つのラプソディ 第1番 Op.79-1 ロ短調」

譜例(PD楽曲、Finaleで作成、62-66小節)

ここでの高速の駆け上がりでは

全体にわたってダンパーペダルを踏みっぱなしにする解釈があります。

 

音階ではあるのですが、

ハーモニーやメロディとして聴かせるというよりも

カタマリとしてウワァっと効果音のように

聴かせることが狙われているのでしょう。

したがって、

グリッサンドに準じた表現として

ペダルを使った演奏が可能です。

 

(再掲)

一方、

各音階の中頃あたりからペダルを踏み始めるやり方も一案。

これは、濁りを気にしているのではなく

クレッシェンドのサポートを狙っています。

 

ダンパーペダルを使用することで

他弦の共鳴による倍音が付加されて

なおかつ、各音の響きがのばされカタマリとなっていきます。

したがって、

クレッシェンドの中頃あたりから踏み始めることで

最初から踏んでいる場合よりも

その後のひと押しを効果的に演出可能。

 

こういった場面を演奏するときには、

全部踏みっぱなしの場合とのサウンドの違いを確かめて

自身の表現したい内容にあったペダリングを

考えてみてください。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました