【ピアノ】親指だけでレガートに音階を弾く練習

スポンサーリンク
本記事では、
コンセルヴァトワールの先生がよく課す練習メニューを
ご紹介しています。

 

それは、

「親指だけ、または小指だけでなるべくレガートに音階を弾いていく練習」

実際の楽曲で使用する機会が多いテクニックに着目した

良い練習方法だと思いますので、

ハノンなどと併用してやってみるのをオススメします。

 

この2種のうち、

特に重要な「親指だけでレガートに音階を弾く練習」をご紹介します。

ハノン第39番のAs-durを使って、右手だけで練習してみましょう。

極めてゆっくりで構いません。

練習のポイントをいくつかお伝えします。

1. 打鍵したらすぐに力を抜く
2. 指の腹で打鍵する
3. 隣の鍵盤の壁に指を滑らせる(白鍵同士の場合)
4. 最短距離で移動する
5. 移動するときには「上腕」で手を連れてくるイメージで
6. 手首は上腕の流れについてくるだけ
7. 頭を振ったりする動作はつけないで練習する
8. 他の指は力を抜いておく

この練習をするときは、

「3の指がつっぱらないようにすること」

これがポイント。

 

ちなみに、リスト「愛の夢 第3番」などでは、

「親指だけで演奏するメロディ」

が登場しますので、やはりこの練習が役に立つでしょう。

 

「レガート」について学びたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉「大人のための欲張りピアノ」シリーズ テクニック-基礎と応用- 3冊セット

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました