【ピアノ】音の欠けを音のミスと同じくらい意識しよう

スポンサーリンク
「音の欠けは音のミスと同じくらいもったいない」
と心得ると、
今よりもさらに
「欠け」にも意識が向くようになります。

 

音のミスというのはみんな気をつけるのですが、

音の欠けには意外と意識が向いていないケースがあるようです。

たった1音しかないときに欠ければ

さすがに問題視することと思いますが、

和音の中の一部の音が欠けてしまっている場合は

どうでしょうか。

 

例えば、以下のようなもの。

 

モーツァルト「ピアノソナタ第8番 K.310 第1楽章」

譜例(PD楽曲、Finaleで作成、5-7小節)

右手に出てくるような

平行3度の連続によるモチーフでは、

メロディはキレイに鳴っていても

3度下のハモリが

かするどころか部分的に鳴っていない、

みたいなことになりがち。

 

この楽曲に限りませんが、

「音の欠けは音ミスと同じくらいもったいない」

と心得て、

よく自分の音を聴きながら練習するようにしましょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

この記事を書いた人
タカノユウヤ

ピアノ音楽(ピアノソロ、ピアノが編成に入った室内楽 など)の魅力にとりつかれて、早何十年。
ピアノ音楽の作曲・編曲が専門。
物書きとしては楽譜だけでなく文章も書いており、
音楽雑誌やサイトなどでピアノ関連の文筆を手がけています。
Webメディア「大人のための独学用Webピアノ教室」の運営もしています。
受賞歴として、第88回日本音楽コンクール 作曲部門 入賞 他。

タカノユウヤをフォローする
役に立つ練習方法 他
スポンサーリンク
タカノユウヤをフォローする
大人のための独学用Webピアノ教室(ブログ版)

コメント

タイトルとURLをコピーしました