【ピアノ】拍の途中から唐突に書かれている強弱記号の意味

スポンサーリンク
fp などといったダイナミクス記号が
拍の途中から唐突に書かれていることはよくあります。
それらはどのように解釈すればいいのでしょうか。

 

 

【本記事の結論】
ダイナミクス記号は、
「その記号の箇所から新しいフレーズが始まっていますよという目印」
を示していることもある

 

記事の信頼性


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

 

ダイナミクス記号というのは

通常でしたら

「決まりのいいところ」

に書かれています。

「楽曲のはじめ」
「セクションのはじめ」
「ダイナミクスの松葉の行き先」

など。

 

一方、

拍の途中から唐突に書かれているケースもあります。

例えば次のような例です。

ドビュッシー「子供の領分 1.グラドゥス・アド・パルナッスム博士」

譜例(PD作品、Finaleで作成、60-62小節)

61小節目では

2拍目に f と書かれていますよね。

もちろん、subito f という意味ですが、

もう一つ重要な意味を含んでいます。

「その記号の箇所から新しいフレーズが始まっていますよ、という目印」

このような読み取り方もできます。

 

今回の譜例では「スラー」が書かれているので

フレージングを読み取るのは難しくありません。

しかし、

楽曲によっては

レガートにしてほしくないところでは

スラーが書かれていません。

そういった時に、

「ダイナミクス記号を頼りにフレージングを読み取る」

というテクニックが有効にはたらくのです。

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」 もっとピアノが上達したいあなたへ

 

「Kindle Unlimited」をご存知ですか?

私が執筆している数百冊のピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

「初回30日間無料トライアル」を使って、

ピアノをもっと深く学んでみませんか?

もし合わなければ、いつでもすぐに解約可能です。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました