【ピアノ】狙った弱音を欠けないで出す方法

スポンサーリンク
「弱音」の奏法というのは
「鍵盤が下がっただけで音が出なかった」
などといったことになってしまいがちで
独特の難しさがありますよね。
解決策の一つをお伝えします。

 

記事の信頼性


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

 

これからご紹介する内容は

どんな箇所でもできるやり方ではありません。

しかし、

前後関係でたった一音だけ弱音で出す場合などでは有効に使えます。

 

その方法とは、

「ソフトペダルを踏んだ上で、打鍵は一段階上のダイナミクスで演奏する」

というもの。

 

例えば、

pp を出そうとすると音が欠けてしまうとします。

その場合、

「ソフトペダルを踏んだ上で、指では p くらいの気持ちでやや太めに打鍵する」

このようにすると

音は大きくならずに、

しかし、欠けずに演奏できるのです。

音色が曇りますので

それでもイメージとかけ離れないのであれば

取り入れることを検討してみるといいでしょう。

 

ソフトペダルの効き方というのは

楽器によってかなり差がありますので、

お使いのピアノによっては

この方法が取りにくい可能性があることは

承知しておいてください。

また、

本番など「初めて触れるピアノ」で実施する場合は

会場リハの時に

ソフトペダルの効き方を必ず確認しておきましょう。

 

 

その他「ペダリングテクニック」を更に学びたい方は

以下の電子書籍も参考にしてみてください。

 

◉大人のための欲張りピアノ [ペダリング徹底攻略法 -基礎と応用-]

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」 もっとピアノが上達したいあなたへ

 

「Kindle Unlimited」をご存知ですか?

私が執筆している数百冊のピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

「初回30日間無料トライアル」を使って、

ピアノをもっと深く学んでみませんか?

もし合わなければ、いつでもすぐに解約可能です。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました