【ピアノ】テンポキープの要は伴奏型への意識

スポンサーリンク
本記事では、
テンポキープに関して気をつけるべきことを
「伴奏型」に注目して解説しています。
以前に書いた、
「リズムを安定させるとテンポも安定する」
という記事の補足です。

 

演奏中、気づかないうちにテンポが速くなってしまっていたことはありませんか。

メトロノームを使用した「テンポキープの練習ポイント」については

以前に記事にしましたので、併せて参考にしてください。

【ピアノ】テンポキープできるようになる練習方法

 

一方、

もっと根本的な面で気をつけるべきことがあります。

それが、

「伴奏型への意識」

となります。

例えば、

ショパンのワルツなどでもよく見られるように

右手が細かく動き回り、左手の伴奏型で大枠のリズムをとっているとします。

この時に、どうしても右手だけに意識が向きがちなのですが、

本当に難しいのは左手のリズムです。

テンポがキープできていない時というのは、

大抵は左手を意識できていない時です。

テンポキープの要はこの左手なのです。

右手のせいかと思いがちですが、

どんなに右手が技巧的なことをやっていても

左手の意識さえ忘れなければテンポキープできますし、

仮に速くなってしまったとしても

すぐに気づくことができます。

「無意識に速くなっていた」

という事態は避けることができるのです。

 

これに関して私が奨める方法は、

「伴奏パートだけで本当に音楽的に弾けるように練習してから、両手で練習する」

という方法。

「テンポの要」

「音楽の土台」

この2つを併せ持っている左手から仕上げてしまいます。

暗譜するくらいやっても構いません。

その上で、他のパートを付け加える。

このようにすると、

右手の安定度が全く変わってきますし、

最終的な仕上がりもグンと良くなることでしょう。

 

両手で合わせるときに多少バランスを取り直さなくてはいけなくなりますが、

音楽の土台ができているので、それも容易です。

 

ある程度高度な楽曲になってくると

伴奏型が両手に分担されていたり

左手にメロディがくるケース等も多くあります。

そのような箇所では

テンポキープが難しい箇所を取り出して

部分的にこの練習をしてみるといいでしょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました