【ピアノ】手先が不器用な自分への思いやり方

スポンサーリンク
ある程度のレベルを維持することのたいへんさを考えれば、
毎日のちょっとした進歩の大切さを
感じることができるでしょう。

 

日々練習していると、

自分の手先の不器用さに落ち込むこともあるのではないでしょうか。

昔の筆者がそうでした。

 

ただ、これってそれほど気にすることはなくて

「毎日、ほんの少しでも良くなっていれば、まあいいかな」

くらいで温かく見守っておいてください。

 

人間、自分で思っている以上に自信過剰で

できることを大きく見積りすぎています。

ちょっとやったくらいで

みるみる伸びるわけないんですよ。

しかし、

少し時間をかけて練習しても

成長を感じないと

すぐに悩み始めてしまう。

 

つい先日も記事にしたように、

ある程度のところまでいった段階を維持するのって

ほんとうにたいへんで

ガンガンやっていても

維持するので精一杯だったりします。

そんな中、

毎日ほんのちょっとでも良くなったり

改善されたりすれば

充分成長していることになります。

それらを積み重ねて少しづつ上達すれば 

毎日の練習がもっと楽しく、もっと充実するでしょう。

 

少しの成長を認めてあげる。

このように自分を

思いやってみるのはいかがでしょうか。

 

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました