【ピアノ】メロディが埋もれてしまっている演奏は多い

スポンサーリンク
本記事では、
「メロディの重要性」
をお伝えしています。
最も基本的なことでありながら、
意外に多くの学習者が見落としている点です。

 

意図的にメロディが書かれていない作品もありますが、

基本的には楽曲にはメロディがあるものです。

メロディは言ってみれば「主役」です。

しかし、

その主役が埋もれて聴こえなくなってしまっているケースが

本当に多いのです。

私自身も、

対旋律やら合いの手やらを全部聴かせなくなってしまい、

聴衆がどこを聴けばいいのか分からない演奏を

してしまっていた時期がありました。

 

根本的な問題は、

「そもそも作品として色々なことが書かれすぎていて
メロディが聴こえにくいものも少なからずある」

ということ。

しかし、

根本的な問題でありながらも

それは演奏法である程度カバーできるのです。

重要なのは、

「その演奏で一番言いたいことは何なのかを整理する」

これなのです。

一番聴かせたいのは「メロディ」ですよね。

「まずは、メロディが埋もれないように気をつける」

これを徹底するだけでも

ずいぶん聴こえ方が変わるはずです。

演奏における多くの気づいていない欠点は、

簡単なことにあるものです。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました