【ピアノ】音が無くなる箇所を活かすために

スポンサーリンク
本記事では、
「両手ともに音が無くなる箇所の表現」
について話題にしています。

本記事で取り上げている作品は

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

具体例を挙げます。

楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。

ベートーヴェン「エリーゼのために」より

譜例(楽曲後半部分の一節)を見てください。

赤色で囲った箇所が

「両手ともに音が無くなる箇所」

となっています。

このような表現は

音が鳴っている箇所と同じくらいにものを言います。

うっかりダンパーペダルを切り忘れてしまったりすると

せっかくの沈黙が台無しになってしまいます。

活かすためにはどうすればいいと思いますか?

「沈黙になる直前の音の切り方を工夫する」

これに限ります。

(再掲)

譜例の箇所の場合は、

★印の箇所の余韻をフワッと切ると直後の沈黙が活きてきます。

楽曲によっては

バッと勢いよく切った方が

直後の沈黙が印象的に演出される場合もあります。

重要なのは、

「沈黙の部分をどのような演出にしたいのかを考えた上で
直前の余韻の切り方を決定する」

ということです。

 

ちなみに、

今は亡き作曲家、武満徹 氏は、

「音、沈黙と測りあえるほどに」

という素晴らしい書籍を書いています。

ピアノを演奏する方にもぜひ読んで頂きたい

宝物のような文章です。

著作集〈Ⅰ〉に収録されています。

◉武満徹著作集〈1〉

 

ベートーヴェン「エリーゼのために」

を学びたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました