【ピアノ】お稽古が進んできたらやるべきこと

スポンサーリンク
本記事では、
ピアノの上達に直接は関係ないけれども
音楽を続けていく上で大切なことをご覧に入れています。

 

お稽古が進んできて多くの作曲家に触れた方は、

今一度、

「自身が取り組んだ作曲家を時系列に並べる」

ということをしてみましょう。

「かいつまんだ知識だけではなくて、
それが頭の中で時系列に並ぶ」

というのは、音楽に限らずあらゆる分野で重要な観点です。

それができるようになることで、

「今取り組んでいる作曲家が歴史的にどの位置にいるのか」

常にこれを考えて練習していけます。

 

そして、

「自身が立っている歴史的位置」

というのも考えてみましょう。

「アカデミックな音楽家」という言葉を

「専門機関で訓練を受けた音楽家」

と考えている方は多いようですが、

私はむしろ、

「あらゆる先人の音楽家がやってきたことを知った上で、
今現在自分が音楽史的にどの位置にいるかを知った音楽家」

これに該当する方を

「アカデミックな音楽家」というべきだと思っています。

 

「様式を学ぶ」ということも

ピアノの練習に含まれています。

今まで学んできたことを

ここで一度整理してみましょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました