【ピアノ】「ハープっぽい音を出して」と言われたら

スポンサーリンク
本記事では、
ピアノの音を使ってハープようなサウンドを表現する方法を
お伝えしています。

 

ピアノの先生に

「ここはハープっぽい音を出して」

などと言われたり、

独学の方は、

「ここはホルンっぽい音で弾きたいな」

などと思ったりすることはありませんか?

 

今回は、

ピアノの音を使って「ハープ」ようなサウンドを表現する方法を

ご紹介します。

 

ピアノで演奏する以上

音としては「ピアノの音」ですので、

ハープっぽさを出すためには

他の要素で表現しなければいけません。

そこで注目すべきは、

ハープという楽器が持つ

音の「立ち上がり、減衰、余韻」です。

ハープの音は

「立ち上がりが速い」
「減衰も速い」
「余韻は弦を押さえて止めなければ伸びる」

という特徴があります。

ピアノと音の特徴が似ていますよね。

 

例えば、8分音符のアルペジオでしたら、

「ダンパーペダルを用いつつも、指ではスタッカートにする」

こうすることで、

音に空間性があるハープの音質に近づきます。

 

ペダルで音自体は繋がっていても

手でも繋げない限りレガートにはなりません。

これを逆に利用した表現です。

 

スタッカートについて学びたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉「大人のための欲張りピアノ」シリーズ テクニック-基礎と応用- 3冊セット

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました