【ピアノ】電子ピアノで練習するときに気をつけるべきこと

スポンサーリンク
本記事では、
「電子ピアノで練習するときに気をつけるべきこと」として、
「音の聴こえてくる位置」
について話題にしています。

 

全ての電子ピアノに言えることではないのですが、

比較的多くの電子ピアノで

妙な設定がされていることがあります。

「低音は左側、高音に向かうに従って右側に音の定位が移っていく設定」

「定位」とは、ここでは ”音が鳴る位置” と考えておけばOKです。)

 

しかし、

普段「生のピアノ」で演奏している人に話をきいても、

このような音の位置のイメージを持って演奏している方は

まずいないでしょう。

 

実際に設定がこのようになっている機種をお使いの方は

本番の環境で生のピアノになったときに

音のイメージが大きく変わってしまい

バランスを取りにくく感じてしまう可能性が出てきます。

 

当日の会場リハの時に

「自宅にある電子ピアノとの、音が聴こえてくる位置の違いに慣れておく」

という意識が “あらかじめ” あれば

混乱が軽減するはずです。

 

今持っている電子ピアノが悪いわけではありません。

持っているピアノで最高の練習をすれば

確実に力はつきます。

今回ご紹介したような

楽器の特徴を踏まえておきさえすればいいのです。

 

以下の電子書籍も参考にしてください。

◉大人のための欲張りピアノ [発表会を成功させる20のポイント –練習以外で必要なこと–] 

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました