【ピアノ】出したい音を出せるようになるために

本記事では、
出したい音を出せるようになるために必要なことを
お伝えしています。

 

遠回りのようですが、

出したい音の

「音色」「ダイナミクス」「距離感」

などをイメージしてから音を出し、

「出てきた音」

「イメージしていた音」

とのギャップを埋めるためにはどうすればいいかを

先生に質問する、

独学の方の場合は教材などで勉強する。

これがほぼ唯一の方法です。

 

ピアノに限らず、

楽器演奏では

「出したい音をしっかりと頭で想像できること」

これがとても重要です。

それによって、

指先の使い方や打鍵のニュアンスを

無意識にコントロールできるからです。

それでもうまくいかないところは

「打鍵の角度」などのコツがあるので

上記のようにインプットすればいいのです。

 

逆にいうと、

イメージできない音は出せません。

出てくる音を何も想像しないで

エイとばかりに叩くのが

一番良くない練習です。

 

「出てきた音とイメージしていた音とのギャップを埋めていく」

まずは「たった1つの音」から試してみましょう。

練習の中で意識して繰り返すことで

このギャップは確実に埋まっていきます。

その時に

確実に上達を感じるでしょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました