【ピアノ】初〜中級者に多くみられる譜読み間違い例

本記事では、
初〜中級者に多くみられる譜読み間違い例として
「拍のカウント」について取り上げています。

 

譜読み間違いのうち多くみられるのは、

「1箇所だけ拍を倍でとってしまう」
「1箇所だけ拍を半分で数えてしまう」

しかし次の小節に進んでいる、

というケースでしょう。

つまり、

「拍のカウントを間違えていても気づかずにいる」

ということです。

これは恥ずかしいことではありません。

多くの方が経験していますし、

楽譜を読むのも一種の訓練ですから

学習を積み重ねていけば減らすことができるからです。

 

対策があります。

メトロノームで、

各拍とは別に

「1小節ごとにチンと違う音を鳴らしてもらう(拍頭だけ違う音を鳴らしてもらう)」

という機能を取り入れてみるのは効果アリです。

ずっとやらなくてはいけないわけではなく、

新しい楽曲の譜読みが終わったら

「拍のカウントを間違えて譜読みしていないかのチェック」

のために1度取り入れて弾いてみるといいでしょう。

1小節ごとにチンと違う音が鳴れば

拍を倍でとってしまっていたり、

拍を半分で数えてしまっている箇所を

すぐに洗い出すことができます。

 

もし、

お持ちのメトロノームにそういった機能がない場合は

オンラインで用意されている

無料のメトロノームを使ってみましょう。

機能を備えたものもいくつか提供されています。

 

間違えたまま弾き込んでしまうと

クセがついてしまい

後ほど修正するのが大変です。

早めのチェックをするのが得策です。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました