【ピアノ】譜読みでは「微妙な違い」に敏感になろう

スポンサーリンク
「似ているけど、ちょっと異なる音型」
そういった些細な部分に
作曲家のこだわりが隠されています。

 

記事の信頼性


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

 

具体例を挙げます。

楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。

 

ラヴェル「高雅で感傷的なワルツ 第8ワルツ」

譜例(PD楽曲、Finaleで作成、45-49小節

カラーで示したように、

たった5小節間だけでも

「4種類」「似ているけれど、ちょっと異なる音型」

が出てきます。

◉45小節は、「下」から「オクターヴ」で「上がる」「アルペッジョ」
◉46小節は、「上」から「オクターヴ」で「下がる」「16分音符」
◉47小節は、「上」から「オクターヴ」で「下がる」「装飾音混じり」
◉49小節は、「上」から「2オクターヴ」で「下がる」「装飾音混じり」

 

これらのすべてにおいて、

役割的には「装飾的な脇役」で

「オクターヴの響き」を軸とし

音程は「H音」のみ。

 

しかし、

ラヴェルはわざわざ書き分けたのです。

解釈の正解はありませんが、

それぞれのニュアンスの違いを

自分なりにでも考えて

弾き分けないといけません。

 

例えば視点はどうなるかというと、

◉なぜ、45小節と47小節だけ「気分タイ」がついているんだろう?
 そうなると、46小節と49小節は「乾いた響き」にすべきかな?
◉46小節と47小節は、共に上からオクターヴで下がるから、
「音域の差」以外にも
「音価の差」をはっきり弾き分けないといけないだろうな
◉「ひっかける音」と「着地する音」のうち、
 4パターンそれぞれ、どの音に重みが入ると音楽的かな?
◉4パターンそれぞれ、音域も少しずつ違うから
「軽さ」を変えてみたほうがいいかな?

など、

作曲家が書き分けた「ちょっとした違い」を無駄にしないように

ていねいに読んでいく。

こういったことも含めて「譜読み」なのです。

 

繰り返しますが、

いずれも「装飾的な脇役」なので

目立たないようにさりげなく弾くべきです。

しかし、

それ以外の解釈については

演奏者のセンスに任されています。

解釈は任意でも、

「ちょっとした違いをきちんと弾き分ける」

これは任意でなく必須。

 

「”良い” 譜読み」

が出来るかどうかで

仕上がりがまったく変わってきますよ。

 

【「譜読み」について更に学びたい方へ】
以下の電子書籍を参考にしてください。

◉ 大人のための欲張りピアノ [譜読みに強くなる14のポイント]

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」 もっとピアノが上達したいあなたへ

 

「Kindle Unlimited」をご存知ですか?

私が執筆している数百冊のピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

「初回30日間無料トライアル」を使って、

ピアノをもっと深く学んでみませんか?

もし合わなければ、いつでもすぐに解約可能です。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました