【ピアノ】作曲家がrit.を書く理由

本記事では、
「rit.の考え方」についてアドバイスをしています。

 

rit.が書かれている箇所は

何となく遅くしていくのではなく

作曲家の意図を想像してみましょう。

 

「”段落の切れ目ですよ”ということを強調したかったのかもしれない」

もしくは、

「しっかりと鳴らすためにテンポを広げて欲しかったのかもしれない」

等々。

 

「”段落の切れ目ですよ”ということを強調したかったのかもしれない」

というのは、特によく当てはまります。

例えば、rit.a tempoが書かれているとします。

この際、a tempoが書かれている直前に「線」を入れてみると

そこが段落の切れ目になっていることが多いのです。

当たり前のことのように感じるかもしれませんが、

これは近現代の作品など

段落の切れ目がわかりにくくなっている作品にも

かなり応用できる方法です。

覚えておいて損はありません。

 

「しっかりと鳴らすためにテンポを広げて欲しかったのかもしれない」

というのは、

やや例外的ですが使われることがあります。

例えば、以前にテレビ放映されていた

「ピアニストがピアニストの卵を教える番組」では、

「ここにrit.は書かれていないけど、多少テンポを広げてでもしっかり鳴らして!」

などと指導しているシーンがみられました。

楽曲によっては、

私自身もこのような指導をすることがあります。

書かれていないrit.をやたらに補うことは避けるべきですが、

前後関係で不自然にならないことが前提となっていれば

このように演奏することもあり得るのです。

 

繰り返しますが、

rit.が書かれている箇所は

何となく遅くしていくのではなく

作曲家の意図を想像してみましょう。

rit.というのは内容的には

「だんだん遅くしていく」

のですが、

それは結果的にそうなるだけであって

遅くすることが目的ではありません。

「遅くしていくことで得られる音楽表現」

作曲家は望んでいます。

本記事の内容を参考に

それを自分なりに考えてみる。読み取ってみる。

こういった部分も読み取るのが

「譜読み」です。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました