【ピアノ】リズムの感じ方のズレを読み取ろう

スポンサーリンク
ベートーヴェンが隠し込めたポリリズムを例に
「時間経過にしたがって、リズムの感じ方の変化が生じていく効果」
について解説しています。

 

具体例を挙げます。

楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。

 

ベートーヴェン「ピアノソナタ第17番 テンペスト ニ短調 op.31-2 第3楽章」

譜例(PD作品、Finaleで作成、87-90小節

ここでは点線カギマークで示した4音の繰り返しで

成り立っています。

一方、sf は各小節頭についていますね。

 

つまり、

音型的には繰り返しの始点がずれていくのに

sf は各小節頭についていることで

「時間経過にしたがって、リズムの感じ方の変化が生じていること」

これがポイント。

2種類のリズムが同居している

一種の「ポリリズム」です。

 

43小節目以降と作曲法的には似ていますが、

「43小節目以降はポリリズムになっていない」

という点で異なります。

そういったこともあり、

87-90小節では

sf を明確に表現すると

作曲の意図を際立たせることができます。

 

今回取り上げたような内容は

作曲法としては高度なものではないので、

比較的多くの作曲家が取り入れています。

「隠し込められたリズムを見抜く」

という視点も

譜読みでは大切にしましょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました