【ピアノ】ツェルニー100番を一気に終わらせる方法

スポンサーリンク
本記事では、
筆者が実際におこなった
「ツェルニー100番を一気に終わらせる方法」
を解説します。

 

今までの学習を振り返ってみて

筆者にとっていちばん辛かったのは、

好きな方には申し訳ありませんが

「ツェルニー100番練習曲 Op.139」のお稽古です。

 

1曲1曲は短くても

100曲もあるって

正直、トゥーマッチだと感じてしまう。

筆者は、当時子供ながら先生に相談して

100番のうち数曲だけやったら

ツェルニー30番へいかせてもらったので良かったのですが、

いまだにぜんぶを課す先生もいる耳にするたび、驚きます。

 

毎週レッスンを受けたって

年に40-48回くらいしかレッスン回数はないのに、

それで不合格になる曲も出てきたら

この曲集に何年使うことになるのか分かりません。

 

さて、タイトルを回収します。

習いに行っている方が

ツェルニー100番を一気に終わらせる方法は、

「やりたくないと、先生へはっきり伝えること」

これに限ります。

独学の方は

思い切ってとばしてください。

 

こういうことに困っている方の多くって、

結局、嫌だと思っているということを先生へ伝えていないのだと思います。

「また教室へ行くから嫌な雰囲気にしたくない」

ではなく、

また行くからこそ

話して解決しないといけないのです。

それで怒られるようであれば

先生を変えて

新しい先生のところへ「ツェルニー30番」から持っていけばいい。

そういった選択をできるのが、大人の学習者の特権。

 

「ブルグミュラー25の練習曲」を終わらせた方であれば、

必ずしもツェルニー100番をはさまなくても

30番へ接続できます。

もしたいへんに感じるようであれば

別の教材を数曲のみ補えばいいでしょう。

 

筆者は、ツェルニー100番を中~上級になってから抜粋で使うのは

良い練習だと考えていますが、

子供の頃に練習が嫌いになりそうなきっかけとなったのも

この曲集だったので

あえて「一気に終わらせる方法」を取り上げたわけです。

繰り返しますが、

今回紹介した内容は

筆者が実際におこなった方法です。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました