【ピアノ】独学者向け!ツェルニー50番の代用としてオススメの教材

本記事では、
「ツェルニー50番の代用としてオススメの教材」
を紹介しています。
特に、
自身で取り組む教材を自由に選択できる「独学の方」
一読してみてください。

 

ツェルニー50番は優れた教材ではありますが、

はじめから全曲に取り組もうと思うと

たいへん骨が折れます。

また、せっかく練習しても

ツェルニーの練習曲自体を

自身の一生のレパートリーにするケースは

かなり少ないと思います。

一方、

ツェルニー50番で要求されるようなテクニックを幅広く含んでいて、

尚且つ、素晴らしいレパートリーにもなる教材があるのです。

 

それは、

ベートーヴェン「エロイカ変奏曲」

です。

この楽曲は各変奏が

まるで「ツェルニーの練習曲」のようになっていて

焦点を絞ったテクニックが要求されるのです。

それに、

ベートーヴェンの作品だけあって

非常に音楽的ですので、

(ツェルニーにも素晴らしい作品はありますが・・)

最終的に

「演奏会用のレパートリー」

にすることもできる点が大きな魅力です。

 

第1変奏は「右手の分散和音や分散オクターブの練習」
第2変奏は「右手の3連符による高速パッセージの練習」
第3変奏は「手の交差の練習」
第4変奏は「左手のスケールと分散和音の練習」

などなど、

第15変奏までテクニックの焦点が絞られた内容で続いていき、

その後に「フーガ」で全曲を閉じます。

 

全曲を通じて

幅広いテクニックが折り込まれているので

「エロイカ変奏曲全体で、1冊の音楽的な練習曲集」

といったような

充実した内容になっています。

一つの変奏を一つの練習曲のように捉えて

練習していけます。

「それぞれの変奏がコンパクトにまとめられているので、
とても練習しやすい」

という点もポイント。

 

もし、エロイカ変奏曲を練習した後に

更にテクニックを補強したければ

ツェルニー50番を「抜粋」で使えばいいのです。

そう考えることで、

50曲を端から練習していく場合よりも

練習のモチベーションがずっと上がるはずです。

 

難易度は高いので

「ツェルニー40番終了程度」

から取り組むといいでしょう。

 

楽譜は「ヘンレ版」を用いれば間違いありません。

 


 

いかがでしたか。

ご自身で取り組む教材を自由に選べる方は

是非検討してみてください。

 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました