【ピアノ】音楽の時間の進み方を意識しよう②

スポンサーリンク
本記事は、
【ピアノ】音楽の時間の進み方を意識しよう
という記事の補足的内容。
本記事単体でもお読みいただけます。

 

譜読みをして

その楽曲の詳細を読み取っていくときには

「時間の進み方」

という点にも着目すべきです。

 

具体例で見てみましょう。

楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。

 

ラフマニノフ「音の絵 op.39-5」

譜例(PD楽曲、Finaleで作成、70-72小節)

2小節進むにつれて、

テンポは変わらずに

「音価」が

3・4・6・8と

どんどん細かくなっていきます。

それがこの部分の美しさ。

 

こういった構造的なことを理解していれば、

「音価が細かくなったからといってテンポが遅くなってしまうのは音楽的ではない」

と判断できます。

「難しくなっていって、遅くなってしまった」

という印象に聴こえないよう、

注意して弾き進めましょう。

 

このような音価の変化は

ある意味では「アッチェレランド」と似た効果があります。

反対の表現として

「リタルダンド」になるように音価を変化させていく例も

よく見られますね。

 

「作曲家は、何のためにわざわざ音価変えたのか」

こういった部分まで読み取っていくのが

音を拾うことと同じくらい重要なことです。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました