【ピアノ】ハーモニー変化の対照を読み取ろう

スポンサーリンク
和声を細かく分析するわけでなくても、
和声変化の「頻度」を調べることで
楽曲の理解が深まります。

 

ハーモニー(和声)が変化することも

一種のリズム表現であり、

音楽の進行感と強く結びついています。

具体例と共に見ていきましょう。

 

ベートーヴェン「ピアノソナタ第17番 テンペスト ニ短調 op.31-2 第3楽章」

譜例(PD作品、Finaleで作成、63-70小節)

63-66小節では

ハーモニーの色彩が細かく変わっていきます。

それに対して

67-70小節では

ずっと同じハーモニーに落ち着いています。

「対照」になっていますね。

 

これらを聴き比べると明らかですが

ハーモニーチェンジの多いところは

音楽の進行感が強く、

ハーモニーが停滞しているところは

進行感が弱い状態。

どちらも同じく16分音符で動いているのにも関わらず。

それを考えると、

67-70小節は少し落ち着きをもって弾いていいですね。

 

こういったことを

譜読みの段階で読み取ってください。

 

もう一例見てみましょう。

 

モーツァルト「ピアノソナタ第11番 K.331(トルコ行進曲付き) 第3楽章」 

譜例(PD楽曲、Finaleで作成、16-24小節)

この例でもやはり、

ハーモニーが停滞しているところ」

ハーモニーチェンジの多いところ

これらが対照的に出てくる。

 

21小節目以降、

ハーモニーの移り変わりを速くしていくことで

「24小節目の終止へ向けて音楽をせき込んでいる」

と考えられるでしょう。

 

和声記号を細かく分析するわけでなくても、

和声変化の「頻度」を調べることで

楽曲の理解は深まることが理解できたかと思います。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました