【ピアノ】変拍子の楽曲を効率よく譜読みするために

本記事では、
「変拍子の楽曲を効率よく譜読みするために必要なこと」
をご紹介しています。
ポイントさえわかってしまえば難しくありません。

 

「変拍子」の楽曲を

効率よく譜読みするために必要なポイントとは、

「分割を調べる」

ということです。

 

例えば「7拍子」の箇所なら

「3拍+4拍」なのか、

「4拍+3拍」なのか、

それとも

「2拍+2拍+3拍」なのか・・・など。

他の組み合わせも考えられますね。

 

分割を見分ける方法の1つ目(あくまで手掛かりの一つ)は、

「メロディに書かれているアーティキュレーションの切れ目をチェックする」

これは「3/8+4/8」になっています。

作曲家によっては

拍子記号自体を

「7/8」ではなく

「3/8+4/8」と親切に書いてくれている場合もあります。

 

分割を見分ける方法の2つ目(あくまで手掛かりの一つ)は、

「伴奏パートで、バスやアクセントがくる箇所をチェックする」

これは「3/8+2/8+2/8」になっています。

バスがくる箇所というのは

音楽表現上、

重みが入るケースがほとんどですので

そこが分割点になっていることが多いのです。

 

楽曲によっては

他にも様々な見分ける方法が考えられますが、

基本はこの2つと言えるでしょう。

 

このような拍子分割の整理を

譜読みの最初にきちんとおこなっておくことが

効率よく譜読みをしていくコツとなります。

 

ちなみに、複雑な楽曲では、

「メロディに書かれているアーティキュレーションの切れ目」と

「伴奏パートで、バスやアクセントがくる箇所」

一致しないケースも出てきます。

「両手で違う拍子を演奏している感覚」になるので

非常に高度な音楽表現となります。

例えば「バルトーク」や「リゲティ」の作品などでみられます。

 

次に、

「変拍子ではないけれども、変則的な拍感覚で作曲されている名曲」

を取り上げます。

 

シューマン「子供の情景 7.トロイメライ Op.15-7 へ長調」

譜例(Finaleで作成、1-4小節目のメロディを抜き出したもの)

(パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。)

 

特徴的なのは「メロディが持つリズム」です。

「点線カギマーク」で示したように、

「2拍でとる箇所」と「3拍でとる箇所」が混在しています。

つまり、拍子記号は「4/4拍子」ですが、

「4/4拍子の強拍」に重みを入れて演奏するやり方では、

音楽が歪められてしまいます。

 

こういった、

拍子記号とメロディの持つ拍子感覚が一致しない作品は

シューマンではよく見られます。

シューマンの作曲技法上の特徴と言えるでしょう。

 

毎回「2/4拍子」や「3/4拍子」に書き換えてしまうと

「そこだけ意味を持ってしまう」ので、

あえて「4/4拍子」のまま書かれていると推測できます。

 

こういったことを踏まえた上で譜読みをするのと

そうでないのとでは

重みを入れる箇所の解釈にも差が出てきます。

 

繰り返しますが、

今回ご紹介した2つのタイプの楽曲、

「変拍子で作曲されている楽曲」
「拍子記号は変えずに変則的な拍感覚で作曲されている曲」

これらを含む作品に取り組む際には

「分割を調べる」

ということを意識してみましょう。

 

シューマン「子供の情景 7.トロイメライ Op.15-7 へ長調」

を更にまなびたい方へ

大人のための欲張りピアノ [シューマン トロイメライ] 徹底攻略

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました