【ピアノ】ハノン全てを1時間で弾こうとしないで

スポンサーリンク
本記事では、
「ハノン」を例に
練習の「質」と「量」について話題にしています。
ショート記事です。

 

特定の版の「ハノン」には

「この本を全て弾いても1時間で弾けます」

などという記述がありますが、

それは相当レベルが高い演奏者を対象にしていると思ってください。

 

実際にすべてを1時間で弾くことは可能ですが

おそらく練習密度はスカスカです。

「できるところを気持ちよく弾く練習」

ばかりで

「できていないところを改善する練習」

が足りていないからです。

決してその文章を書いた方が悪いわけではありませんが、

もし練習を身にしたいのであれば

ハノンすべてを1時間で弾こうとはしないでください。

 

目の前にある「やると決めたこと」が大量だと

「終わらせること」

こればかりに意識がいってしまいます。

「課題の量を減らす」

もしくは

「練習時間を増やす」

つまり、

「質」と「量」を両立させるためには

「ていねいな練習をする時間を増やす」

これしかないんです。

時間を増やせないのであれば

せめて、ていねいな練習をするように心がけましょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました