【ピアノ】効率良い譜読みは、グルーピングの発見に限る

スポンサーリンク
グルーピングは
驚くほどたくさんの部分を構成しています。
「効率良い譜読みは、グルーピングの発見に限る」
と言っても過言ではないくらい
その見分けは重要。

 

楽曲のことを深く読み取り

ペダリングや運指を決めていく。

おおむね弾ける段階までもっていけるように

指の動きを覚えていく。

 

こういった譜読みの過程で必要なことは

たくさんありますが、

そのうちぜったいに外せないのが

「グルーピングの発見」に注力すること。

 

いくつか具体例を見てみましょう。

 

例1

 

ショパン「革命のエチュード」

譜例(PD楽曲、Finaleで作成、曲頭)

ショパンによるこれらのアクセント記号も

グルーピングの一種。

これらがあることで

同じ形が繰り返されていることが容易に分かり、

グループ単位での運指を簡単に決定できます。

 

別の場面や別の楽曲で

アクセント記号が書かれていないところでも

音楽内容がどのようにグルーピングされているのかを

音型の連なりから読み取らないといけません。

 

例2

 

プロコフィエフ「ピアノソナタ第1番 ヘ短調 作品1」

譜例(PD作品、Finaleで作成、96-97小節)

上記、ショパンの例もそうでしたが、

このように

グルーピングを発見できると

適切な運指がすぐに見つかるケースがあります。

 

例3

 

ショパン「ノクターン第7番 嬰ハ短調 Op.27-1」

譜例(PD作品、Finaleで作成、45-46小節)

ここでの下段は

ただ単に覚えようと思うと少々面倒ですが、

跳躍音程に着目して

グルーピングを探してみると

突破口が見えてくる。

 

カギマークで示したところが

ピッタリ、オクターブで跳んでいることに気が付くと

一気に覚えやすくなります。

要するに、

「Cis E Fisis Ais」という

親指で演奏する音を覚えておくだけでいいんです。

このように考えると

後々の暗譜にも好影響がありますね。

 

例4

 

ショパン「エチュード Op.25-7」 

譜例(PD楽曲、Finaleで作成、27小節目)

グルーピングの応用。

このような長大な連符では

グルーピングと言いますか、

「分割の区切り」

を自分で決めてしまうといいでしょう。

 

これについては

【ピアノ】割り切れない長大連符ともう片方の手の合わせ方

という記事を参考にしてください。

 


 

今回取り上げた例の他にも

グルーピングは

驚くほどたくさんの箇所を構成しています。

「効率良い譜読みは、グルーピングの発見に限る」

と言っても過言ではないくらい

その見分けは重要。

 

1音1音をしっかりと読みつつ、

カタマリで抜き出す視点も忘れずに

譜読みしていきましょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました