【ピアノ】サラッと終わる曲尾ではrit.しないで

スポンサーリンク
楽曲の終わらせ方の工夫次第で
良い空気感を演出することができます。

 

まるで逃げるかのように

サラッと終わる曲ってありますよね。

何曲か例を挙げます。

 

ベートーヴェン「ピアノソナタ第17番 テンペスト ニ短調 op.31-2 第3楽章」

譜例(PD作品、Finaleで作成、曲尾)

 

ラヴェル「鏡 より 蛾」

譜例(PD作品、Finaleで作成、曲尾)

 

ウェーベルン「チェロとピアノのための3つの小品 Op.11 より 第1曲」

譜例(PD作品、Finaleで作成、曲尾)

例外はありますが、

こういったサラッとした終わり方では

rit. せずに弾き終えてしまうと

良い空気感を演出できます。

 

譜例の3つ目、ウェーベルンの作品に関しては

flüchtig(飛ぶように、速く)」

とまで書かれていますね。

 

聴衆に

「あれっ?終わったの?」

と思わせることができたら

成功と言えるでしょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました