【ピアノ】フェルマータでは身体の動きもフェルマータに

スポンサーリンク
本記事では、
「フェルマータの箇所における身体の動きに関する注意点」
について解説しています。
多少例外はありますが、多くの場合に当てはまる注意点となっています。

 

「メロディだけに書かれているフェルマータ」などは例外として、

「両手ともに音を伸ばしたままフェルマータになる箇所」

というのは

楽曲の中で多く出てきますよね。

この時に注意すべきなのは、

「フェルマータをしている間に身体を次の準備に向かわせてしまわない」

ということです。

「音響の伸ばし」をダンパーペダルに頼ると

次のために身体のポジション準備ができることは確かです。

しかし、

「視覚的」にも音楽を聴いている聴衆からすると、

この動きのせいで

緊張感が台無しになってしまうのです。

フェルマータの間は手でもしっかりと音を残し、

その後にサッと次のポジションに移動する方がベターです。

 

フェルマータには

「一時停止」

という意味があります。

「フェルマータでは身体の移動もフェルマータさせる」

これを踏まえて演奏すると

「視覚的」に魅力的な演奏になるでしょう。

それは結果として、

「聴覚的」にもより良い演奏に聴こえるのです。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました