【ピアノ】弱音による和音連打の伴奏型 : 演奏ポイント

スポンサーリンク
本記事では、
「弱音による和音連打の伴奏型」について
演奏方法のポイントを解説しています。
ワンポイントレッスンです。

 

譜例を見てください。

このような和音連打による伴奏型を

「弱奏」で「ダンパーペダルを用いながら」

演奏する楽曲は多くあります。

例えば、

ショパン「プレリュード(前奏曲)第4番 ホ短調 op.28-4」

などでは、

ほぼ全編を通してこの伴奏型で構成されています。

譜例をみると分かるように、

和音の同音連打というのは

役割としては、

「持続音の役割」

を持っています。

したがって、

「弱奏」で出てくるときには

一つ一つの刻みがはっきりと見えてしまうよりは

和音の連なり全体で「伸ばされている音」のイメージを持って演奏すると、

雰囲気に合ったニュアンスを表現できます。

【補足】
8分音符8個の刻みを、全音符の伸ばしのイメージで演奏するということです。
ピアノでは打鍵した後に音が減衰してしまうので
分割されただけだと考えてみましょう。

 

テクニック的には、

決して縦にカツカツとは弾かず

「鍵盤に指をつけておいて、押し込むように打鍵」

このようにすると

音楽が縦割りになるのを軽減できます。

これさえ意識できれば、

あとは

フレーズを横に引っ張っていくイメージを持って演奏していくだけで

美しい持続となるでしょう。

 

先日、

同様の音型について

和音の同音連打がバラついてしまう方へ

という記事も書きましたので、

あわせてご覧ください。

 

ピアノ演奏の基礎能力をつけたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉「大人のための欲張りピアノ」シリーズ 3冊セット:

 「暗譜」「初見」「左手のテクニック」を克服したいあなたへ!

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました