【ピアノ】好きになれない楽曲をムリに正当化しない

スポンサーリンク
何か都合よい理由を考えて
好きになれない楽曲をムリに正当化する必要は
ありません。

 

日頃の練習の中で

どんなに自分を励ましても好きになれない曲ってありますね。

独学ならまだしも、

先生に与えられた楽曲の場合は

しばらく弾き続けないといけないのかと

ブルーになることもあるでしょう。

 

「逃げなければ、自分の音楽の好みが変わるかもしれない」
「この楽曲もいつか弾く機会があるかもしれない」

などと、何か都合よい理由を考えて

好きになれない楽曲をムリに正当化しようとしているかもしれません。

しかし、これはやめるべきです。

 

では、どうすればいいかというと

方法はシンプルで

「まずは2週間」と決めて取り組んでみる。

それでも少しも気持ちが向かないようであれば、

先生へ「やりたくない」とはっきり伝えてください。

 

我々は誰しも時間が限られているので、

好きになれない楽曲を

イライラしながらやっている場合じゃないんですよ。

不健康ですし

そんな気持ちでの演奏を聴かされるまわりも迷惑です。

 

ピアノ音楽は

数えきれないほどあるのですから、

内容が深く

気持ちも乗る作品を見つけて

それを健全なメンタルでお披露目してください。

 

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました