【ピアノ】弾き始めは手首でカウントをとらないで

本記事では、
演奏姿にも大きな影響を与えてしまう
改善すべきクセについて解説しています。

 

「楽曲の弾き始め(の直前)は手首でカウントをとらない」

該当する方は

これを改善してみましょう。

よくみられる改善すべきクセです。

おそらく、

手首でカウントをとることで

弾き始めのテンポをつくっているのだと思います。

 

しかしこれは、

客席側で見ていると

演奏姿として良いとは言えません。

慣れていないような雰囲気が一気に出てしまうのです。

 

はじめのうちは難しいかもしれませんが、

「体内でテンポをカウントして弾き始める」

このようにするだけで

印象がグンと良くなります。

 

最終的にどのようなスタイルで演奏するかは

演奏者の自由ではあるのですが、

「不要な動きはできる限り減らしてシンプルに」

まずは、これを基本としていきましょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました