【ピアノ】自分が深く掘り下げたい分野を見つけよう

スポンサーリンク
本記事では、
自分が深く掘り下げたい分野を見つけることの重要性を
お伝えしています。

 

比較的多くのピアノを弾く方が、

遅れないためだけに

何か新しいものを探しているように感じます。

それも重要ですが、

自分が深く掘り下げたい

「作曲家」や「ジャンル」や「奏法」などに

シャニムニ向かっていくことも

それ以上に重要なことだと思っています。

 

常に新しい情報を入れることも重要ですが、

流行ってすぐに変わっていくものだけではなく、

流行に左右されずに

学ぶことでしっかりと積み上がっていく伝統的な部分も

どんどん追求すべき。

 

もうひとつお伝えしたいことがあります。

上級を目指す方は

音楽以外の分野でも何かひとつ興味のあるものを

追求してみましょう。

上級者になってくると

音楽ができるのは当たり前とも言えます。

そんな時に

音楽以外の分野で何か興味のあるものを追求していると

それがその人のアーティストとしてのカラーになってくれます。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました