【ピアノ】メロディを含むコラールで音楽を停滞させないコツ

スポンサーリンク
メロディを含むコラール風の和音連続というのは
音楽が縦割りになって停滞しやすい代表例。
音楽的な演奏のコツを解説します。

 

「メロディを含む和音連続」とは

次のようなもの。

 

ベートーヴェン「ピアノソナタ第21番(ワルトシュタイン)第1楽章」

譜例(PD作品、Finaleで作成、35-38小節

メロディに対して

下ぶらさげでコラール風の伴奏がつけられています。

 

こういったところでは

和音を刻んでしまい

音楽が縦割りになってしまいがち。

 

このような

メロディを含むコラール風の和音連続でも

音楽を停滞させないコツ

について解説します。

 

♫ メロディのみを取り出して弾いてみる

 

まずは、メロディのみを取り出して弾いてみてください。

それだけであれば、長いフレーズでとれるはず。

その感覚を覚えておきましょう。

 

1回やって終わらせるのではなく、

何度もおこなって

メロディを長いフレーズでとる感覚を

身体へしっかりと入れるように。

 

ポイントは

「必ず、楽譜通りへ戻した場合に用いる指遣いで弾く」

ということ。

それをすることで

応用可能な積み重ねのある練習になります。

 

♫「意思」と「意識」をもって、全パート練習

 

(再掲)

前項が済んだら、

楽譜通りにコラールの全パートを弾く練習へ戻ります。

 

このときに、

「意思」と「意識」をもって練習してください。

◉ 和音1個1個というよりも、フレーズ全体でカタマリとして捉える
◉ 音楽をグーっと横へ引っ張っていくイメージをもつ

つまり、

ひとつの和音を鳴らした瞬間に安心せず、

その和音の響きをずっと聴きながら

次の和音へつなげていく意識をもって弾く、

ということ。

 

とうぜん、

前項の「メロディのみを取り出して弾く練習」でも、

フレーズ全体でカタマリとして捉えたり

音楽をグーっと横へ引っ張っていくイメージをもっておこなうと

なお、効果があるでしょう。

 

♫ 手首でいちいち抜かない

 

(再掲)

「手首を使ったところではフレーズが切れて聴こえる」

という事実があります。

これは、

たとえダンパーペダルを使って

音が伸びていたとしてもです。

 

譜例のような和音連続でも、

ひとつの和音を弾くごとに手首でいちいち抜いてしまうと

とうぜん、フレーズがつながりません。

 

これについては、

【ピアノ】手首を使う位置の判断方法

という記事で解説していますので

あわせてご覧ください。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました