【ピアノ】「楽曲の締めくくり」これだけは気をつけよう

スポンサーリンク
本記事では、
「なんだかもったいないなあ…」
と感じる演奏の共通点をお伝えしています。
「楽曲の締めくくり」の際にやってしまいがちな内容です。

 

楽曲の締めくくりでは、

「最後の音符を弾いた後の休符で絶対に音楽をやめない」

これを心得ましょう。

「強奏」で終わる場合も「弱奏」で終わる場合も同様です。

楽譜上、最後の音符の後に休符が書かれていないケースもあるでしょう。

その場合であっても、

最後の音を弾き終えた途端に

すぐに気が抜けたりすると

聴衆側は必ず気付きます。

そして、せっかくの感動が台無しになってしまいます。

「最終音の直後の余韻や空気感が、一番の聴かせどころ」

といっても過言ではないくらいです。

こういったことは

意識さえすれば

入門者であろうと上級者であろうと

関係なく実践できることです。

 

ちなみに、

「立ち上がるときにギギギと椅子の音を立ててしまう」

これも

聴衆をげんなりさせてしまう原因になります。

退場しステージから完全にはける

最後の最後まで気を抜かずに。

 

ステージマナーについて学びたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉大人のための欲張りピアノ [発表会を成功させる20のポイント –練習以外で必要なこと–] 

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました