【ピアノ】予想外のミスをしたときには、直後をそれに合わせる

スポンサーリンク
本記事では、
アクシデントが起きたときのそのミスを
ほんとうのミスに聴こえさせないコツについて
解説しています。

 

演奏をしていると

「ある音が予想外に強く飛び出てしまった」
「ある音が予想外に小さくなってしまった」

などといったアクシデントが起きることも。

 

こういった場合は、

そのアクシデントからつながるように

直後を即興的にあわせて

そういうものだと思わせることがポイント。

あたかもそうしようとしてそうなったように演出する。

戻れそうなところで帳尻をあわせればOKです。

 

結構やってしまいがちなのですが、

アクシデントのすぐ次の音から

今までやろうと準備してきたやり方へ戻してしまうと

連続性が失われます。

アクシデント箇所が浮いてしまい

全体のバランスを欠くからです。

ミスがほんとうのミスに聴こえてしまう。

 

アクシデントが起きたときには、

「止まらない、戻らない」

というのが第一目標。

そして、

もうひとつ欲を言うのであれば…というのが

本記事の内容でした。

 

もっと大きなトラブルが起きても

流れの中で上手く立て直していくのは

プロでもいくらでもやっていること。

本番だけでなく

日頃の通し練習の段階から

意識してみましょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました