【ピアノ】初心者が運指に強くなるためには、書かれている通りにやるに限る

スポンサーリンク
筆者は、少なくとも初心者の段階においては
運指について特別な学習をした記憶はありません。
「書かれている運指」という良質な教材を頼りに
曲数をこなしていったら
いつの間にか運指に鋭くなっていただけです。

 

運指についてはさまざまな決め方や関連情報があるわけですが、

そもそも、基本的なことがまだで

ひとりではどうしていいかわからなくなるケースも多いようです。

 

初心者が運指に強くなるためには、

とりあえず書かれている通りの運指で弾くに限ります。

初心者が演奏する作品は

その学習段階も加味して

運指がしっかりと書かれているものがほとんどなので

まずはその通りに弾いてください。

前提として、運指がしっかりと書かれている教材を使用してください。

 

楽曲の中には

ムリのあるような運指が書かれていることもゼロではありませんが、

基本的にその心配はしなくて大丈夫。

というのも、

初心者が演奏する教材は

運指が複雑になったり

何パターンも考えられるような部分はほとんど出てこなくて、

ある程度、適切な運指がしぼられるからです。

初心者用教材において

書かれている運指がとれない場合は、

運指の問題ではなくて

手、腕、肩などに変な力が入っているとか

別のところに原因がある可能性のほうが高いくらいでしょう。

 

書かれている通りの運指で弾く練習をして

それで楽曲数をこなしていけば、

どういったときにどういった運指を使うのがいいのか

大体のパターンや傾向がわかってきます。

初心者のうちは

これで充分な学習だと言えるでしょう。

 

筆者も、少なくとも初心者の段階においては

運指について特別な学習をした記憶はありません。

「書かれている運指」という良質な教材を頼りに

曲数をこなしていったら

いつの間にか運指に鋭くなっていただけです。

 

教室に通っている方は

指導者から運指を補足してもらうこともあるでしょう。

その場合は、

「楽譜に書かれている運指+指導者から補足してもらった運指」

まずは忠実に守ってみてください。

 

もちろん、

どうしてそのような運指になるのかを自分なりに考えてみるのは

無駄にはなりません。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました