装飾音

スポンサーリンク
装飾音

【ピアノ】「音を強調する装飾音」とはどういうことか

装飾音が付けられる意図はさまざまですが、 そのひとつに 「音を強調する」 というものがあります。 これについて具体例とともに解説します。 フンメルの書籍の中に 以下のような文章があります。 (以下、抜粋) 装...
装飾音

【ピアノ】装飾音を声楽的にとるか器楽的にとるか

本記事では、 装飾音に関して 少し抽象的な内容ですが とても重要な視点を取り上げます。 装飾音は軽めに弾くのが原則で それらがかかる幹の音よりも目立ってしまうと 音楽的に不自然になってしまいます。 多く...
装飾音

【ピアノ】拍の前へ出さない装飾音は、もう一方のパートが休符のときに要注意

拍の前へ出さない装飾音を演奏するときの 意外な落とし穴を解説します。 演奏論などの専門書にも書かれていますが、 バロックや古典派の作品の装飾音は 基本的には「拍の前へ出さない」のが慣例。 一方、これ...
装飾音

 【ピアノ】ロングトリルでは数え過ぎない

本記事では、 長く続くロングトリルにおける演奏注意点を 簡潔に解説しています。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。 モーツァルト「ピアノソナタ 変ロ長調 K.281...
装飾音

【ピアノ】その装飾音があることで生まれる感覚的表現を感じ取る

「その装飾音があることで生まれる感覚的表現を感じ取る」 これが、譜読みで読み取るべき 隠れた課題となります。 バロックの装飾音は 一部の例外を除き、 書かれていないところにつけるのも 書いてあるものを省略...
装飾音

【ピアノ】古典的なトリル演奏では、噛み合わせを決めておく

以前にも少し触れたことのある話題ですが、 新たな譜例を用いながら 再度解説します。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。 モーツァルト「ピアノソナタ第10番 K.33...
ペダリング

【ピアノ】モーツァルトの定番ロングトリルは、ハーフペダリングで

モーツァルトの定番の 「ロングトリル + アルベルティバス」 のところでは、 1/4ペダルを使うといいでしょう。 詳しくは、本記事をご覧ください。 「モーツァルトがしょっちゅう使う、定番のロングトリル」 と言って...
J.S.バッハ

【ピアノ】バロックの演奏習慣を学べる、J.S.バッハ自身による有益教材

J.S.バッハ自身は、 一部の作品で 装飾音がない楽譜と 装飾音を付け加えた楽譜の2種類を 残してくれています。 J.S.バッハの組曲などの演奏を聴いていると 繰り返しをするときに 1回目は装飾なしで弾き ...
ダイナミクス

【ピアノ】ターンのはじめの音にアクセントを入れない

ターンには何パターンかの記譜がありますが、 いずれにしても 演奏上では開始音へアクセントがつかないように 注意する必要があります。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用できます。 モ...
装飾音

【ピアノ】「トルコ行進曲」における、入れにくい前打音の入れ方

入れにくい前打音を入れるコツは 以下の2ステップです。 ① それを拍の前へ出すべきなのかそうでないのかを、スタイルから判断する ② 簡略化した譜例をつくって練習する 詳しくは、本記事をご覧ください。 モーツァルト「ピア...
ダイナミクス

【ピアノ】トリルで大きな音を出す方法

トリルで相当大きな音量が必要なときには 運指の工夫が必要です。 楽曲によっては トリルを弾くときに できる限り大きな音を出したい場合もありますね。 トリルの音量アップを狙うために ダンパーペダ...
装飾音

【ピアノ】トリルをイレギュラーなものとして扱わない

ほとんどのトリルは 音楽的要求から生じた自然なもので イレギュラーに取っ付けているものではないと踏まえたうえで ピアノへ向かってみてください。 楽曲の中でトリルが出てきたときに 音楽が分断されてしまったり 流...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました