装飾音

スポンサーリンク
装飾音

【ピアノ】複数つらなる装飾音演奏のポイント

本記事では、 装飾音演奏のうち 「装飾音が複数個つらなるケース」について話題とし、 起きがちな問題点を指摘しています。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 ...
ショパン

【ピアノ】カツァリスが語った 「ショパンのトリル」

本記事では、 NHK趣味百科「ショパンを弾く」でカツァリスが語った 「ショパンのトリル」について話題にしています。 ポーリーヌ・ガルシア=ヴィアルドという女流声楽家・作曲家がいました。 生前、ショパンとも交流を持っていた...
演奏方法に迷いやすい記譜

【ピアノ】ロマン派以降の装飾音符 : 演奏方法

本記事では、 「ロマン派以降の作品に出てくる装飾音符」 の演奏方法を解説しています。 これから述べることに例外はあります。 しかし、基本的には原則となる事柄です。 ロマン派以降の装飾音符で一番重要なのは、 「装飾...
装飾音

【ピアノ】トリルにもレガートとノンレガートがある

本記事では、 「トリル演奏におけるレガートとノンレガート奏法」 について解説しています。 トリル演奏では 「入れる方向」や「入れる速さ」については意識しやすいですが 「レガート、ノンレガート」については あま...
テンポ関連

【ピアノ】「テンポ」と「トリルの入れ方」との関係に注意

本記事では、 テンポ設定と関連して考慮が必要な 「トリルの入れ方」を解説しています。 特に「緩徐楽章」のときに注意が必要なのですが、 同じ楽曲であっても テンポがゆっくりの時と やや速めに演奏する時とでは ...
装飾音

【ピアノ】「トリルを入れる速さ」の重要性

本記事では、 意外と見落とされがちな 「トリルを入れる速さの重要性」について解説しています。 「トリルを入れる速さ」も、音楽解釈の一つ。 「速いトリル」 「ゆっくりのトリル」 「だんだんと速くしていくトリル」 など、 ...
装飾音

【ピアノ】トリルの演奏で気をつけるべきこと

本記事では、 意外に見落とされがちな 「トリルの演奏で気をつけるべきこと」 について解説しています。 注意すべきなのは、 「唐突なアクセント」 です。 トリルの時に、 無意識に入りで唐突なアクセントがついてしまっ...
装飾音

【ピアノ】時代別に学ぶ「装飾音符の基礎」

本記事では、 「装飾音符」について踏まえておくべき項目を解説しています。 以前に「【ピアノ: 基礎テクニック】モーツァルトのトリルの攻略法」 という記事で書きましたが、 そこで解説していない「前打音」などの内容や、 「ロマン派以降...
装飾音

【ピアノ】モーツァルトのトリルの攻略法

モーツァルトの作品に出てくる「トリル」は 適当に入れればいいわけではありません。 演奏法というのは最終的には「演奏者の自由」ではありますが、 まず基本的な考え方を知っておく必要はあります。 そこでこの記事では、 「...
J.S.バッハ

【ピアノ】高速のテンポで「プラルトリラー」を入れる荒技

高速のテンポの楽曲で「プラルトリラー」を入れるのは、かなり難しいですよね。 例えば、次のような場合。 J.S.バッハ「パルティータ第1番 クーラント」より55小節目です。...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました