演奏方法に迷いやすい記譜

スポンサーリンク
演奏方法に迷いやすい記譜

più、meno、pocoがついた強弱記号の強さ関係

♬ più 、meno 、poco がついていると強弱関係がわからなくなる ♬ meno f 、poco f  は mf よりも大きい? ♬ 強弱の相対関係を一覧でながめたい 本記事ではこういった内容を網羅していま...
ドビュッシー

【ピアノ】まとめ:テヌートのさまざまな使用例

本記事では、 演奏方法に迷いやすい記譜のうち 「テヌートのさまざまな使用例」 についてまとめています。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 修士号(音楽)を取得し...
演奏方法に迷いやすい記譜

【ピアノ】強弱記号の書かれ方が不明瞭な場合の対処法

本記事では、 ダイナミクス記号の書かれ方が分かりにくい例を1つ取り上げて 対処法をお伝えしています。 あらゆる楽曲で 似たような箇所に出会ったときのために 早い段階で学んでおきましょう。 記事の信頼性 ...
演奏方法に迷いやすい記譜

【ピアノ】どういう意味?ひとつの音符の上に書かれた松葉

本記事では、 演奏方法に迷いやすい記譜のうち 「ひとつの音符の上に書かれた < > 」について解説しています。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 修士...
テンポ関連

【ピアノ】a tempoに戻す位置に悩むときの解決策

a tempoというのは、 演奏法に迷う記譜としてよく取り上げられます。 疑問が生じやすい頻出パターンを取り上げますので、 事前に対策しましょう。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲...
演奏方法に迷いやすい記譜

【ピアノ】「直線の旗」 演奏方法に迷いやすい記譜

本記事では、 演奏方法に迷いやすい記譜のうち 「直線の旗」について解説しています。 譜例を見てください。 休符の直前にある音符の旗が 「直線」になっています。 特に近現代の作品でよく見られる記譜です。...
演奏方法に迷いやすい記譜

【ピアノ】休符から伸びているように見えるタイ?

本記事では、 演奏方法に迷いやすい記譜のうち 「休符から伸びているように見える ”孤”」 について解説しています。 譜例を見てください。 休符から次の音へ向けて タイらしき孤が伸びているように見えますよね。 ...
演奏方法に迷いやすい記譜

【ピアノ】スラー?タイ? 演奏方法に迷いやすい記譜

本記事では、 演奏方法に迷いやすい記譜のうち 「スラーとタイの区別」について解説しています。 譜例左を見てください。 ”同音” 同士が孤によってつながれている場合、 多くの場合は「タイ」であると解釈しますよ...
スタッカート

【ピアノ】その意図は?スタッカートとペダルの同時指示

本記事では、 演奏方法に疑問が発生しがちな記譜のうち、 「スタッカートとペダルの同時指示」について解説しています。 これまでに解説してきたことの「復習+追加項目」となっています。 楽譜を見ていると、 譜例のようにメロデ...
演奏方法に迷いやすい記譜

【ピアノ】ロマン派以降の装飾音符 : 演奏方法

本記事では、 「ロマン派以降の作品に出てくる装飾音符」 の演奏方法を解説しています。 これから述べることに例外はあります。 しかし、基本的には原則となる事柄です。 ロマン派以降の装飾音符で一番重要なのは、 「装飾...
ポピュラーピアノ

【ピアノ】ポピュラーでよくある伴奏型:演奏方法

本記事では、 「ポピュラーピアノで頻繁に登場する伴奏型」について 2パターンの演奏方法をご紹介しています。 クラシックピアノを練習してきた経験を活かして ポピュラーピアノにも挑戦したい方のお役に立てると思います。 次の譜例...
演奏方法に迷いやすい記譜

【ピアノ】スラー終わりのアクセントの演奏方法

本記事では、 前回に引き続き「"スラー" と "マルカート(アクセント)"」 という2点に焦点を当てて、 演奏方法に迷いがちな記譜の解釈を解説しています。 次の譜例を見てください。 ①は、アクセント音の1つ前の...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました