暗譜

スポンサーリンク
暗譜

【ピアノ】運指を間違えると修正のききにくいところと、その対策方法

運指を間違えると修正のききにくい細かな動きでは とにかく、拍頭止め。 これで最悪の事態は避けられます。 ショパン「エチュード op.10-1」などのように 分散和音で素早く上がり下がりする楽曲の場合、 一度横ズ...
暗譜

【ピアノ】とりあえず、力づくで暗譜する方法

暗譜にとってのいちばんの基本は、弾きこみをすること。 まずはこの基本があって、 その土台の上に さまざまな小技が効いてくることを理解しておきましょう。 暗譜する代表的な方法や各種テクニックは これまでにも記事にして...
暗譜

【ピアノ】似たような音型では運指を統一すべきとはどういうことか

以前からたびたび触れているように、 似たような音型では できる限り運指を統一しておくと 混乱が生じないため 暗譜がスムーズにこなせます。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用できます。 ...
暗譜

【ピアノ】先にどちらか片手のみ暗譜する練習では、自分に厳しく

本記事では、 掲題の練習方法をとるときに どんな点に注意するべきなのかを 解説します。 以前から、 「先にどちらか片手のみ暗譜する」 という練習方法をおすすめしてきました。 この方法を使うと、 ...
暗譜

【ピアノ】運指において、暗譜のしやすさと音色のどちらを優先するか

運指の決定には 何を優先させるかの判断が必要です。 詳しくは、本記事をご覧ください。 暗譜でつまづく大きな原因は、 ややこしい運指を間違えたり 繰り返しにおいて それが不統一になっていることにもあります。...
暗譜

【ピアノ】アクセントを安定して際立たせる運指付けのコツ

本記事では、 アクセントが続く場合の運指付けのコツ を解説します。 使える場面は意外と多い方法なので 引き出しへ入れておいてください。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。 ...
テンポ関連

【ピアノ】高速のテンポまで確実に上げる方法

高速のテンポまで確実に上げる方法があります。 ポイントは「暗譜」と「練習の回し方」。 詳しくは、本記事をご覧ください。 楽曲によっては 最終的な仕上げのテンポを 相当速い速度にしたい場合があります。 ...
暗譜

【ピアノ】アルペジオで暗譜を失敗しないためのポイント

運指などのささいな事を徹底しておくのが、 アルペジオはもちろん あらゆる場面において暗譜で失敗しないためのポイントです。 詳しくは、本記事をご覧ください。 アルペジオでつまづいて暗譜がとんでしまうと 非常にもったい...
暗譜

【ピアノ】隠れた拍子チェンジを必ず把握する

隠れた拍子チェンジを把握せずに平気で弾き進めるクセ がついてしまうと 後々、問題となることがあります。 楽曲の途中で拍子が変化していても、 作品によっては わざわざ拍子記号で示してくれていないケースがあります。...
暗譜

【ピアノ】目の前の楽曲にもっと興味と理解をもって、暗譜を攻略する

暗譜に関しては 必ずしも音感の有無で悩む必要はありません。 勉強すればいいんです。 暗譜に関する記事は これまでにもたくさん書いてきましたが、 再度強調したいのは 目の前の楽曲にもっと興味と理解をもつこと...
暗譜

【ピアノ】暗譜で失敗しない運指の決め方

繰り返しでは 出来る限り共通した運指を使うべき理由と、 「ほとんど同じだけれども、少し異なる繰り返し」 における運指の決め方をあわせて解説します。 暗譜で失敗しないためには、 運指で気をつけるべきことがあります。 ...
ペダリング

 【ピアノ】暗譜のためにもペダリングを統一しよう

暗譜でつまずきやすい典型的なところが 繰り返しにおける不統一です。 詳しくは、本記事をご覧ください。 ダンパーペダルを感覚で踏んでいる学習者に多いのですが、 ほぼ同じ形、あるいは まったく同じ形の音楽の繰り返し...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました