【ピアノ】高速のテンポまで確実に上げる方法

スポンサーリンク
高速のテンポまで確実に上げる方法があります。
ポイントは「暗譜」と「練習の回し方」。
詳しくは、本記事をご覧ください。

 

楽曲によっては

最終的な仕上げのテンポを

相当速い速度にしたい場合があります。

 

その場合、どのようにテンポを上げていくべきなのでしょうか。

いちばん定番なのは

ごくゆっくり弾けるようにしたあと

だんだんとテンポを上げていくものですが、

これって、うまくいかないことも多いんです。

 

中庸程度のテンポまで上げればOKの楽曲では

このやり方でいいのですが、

相当の速度まで上げるのは難しい。

ある程度のテンポまでいくと

なかなか上がらなくなってくるのを

経験したこともあるのではないでしょうか。

 

高速のテンポまで確実に上げるために

効果的なやり方としては、

「あらかじめ暗譜してしまったうえで、行きつ戻りつ上げる」

という方法。

 

まず、テンポを上げたい部分を暗譜してしまい

楽譜を見なくても弾けるようにしておきます。

これは、相当のテンポを目指すためには

ぜったいに欠かせない準備段階。

超高速テンポでは楽譜を見ている暇なんてありませんし、

見ないと弾けない段階では

テンポは上がりません。

 

ここまで出来たら、

① 速く弾く
② うまく弾けなかったところをゆっくり弾いて確認する

この2ステップをガンガン回していきます。

 

目指したいテンポが10で

現在正確に弾けるのが3だとしたら

「速く弾く」というのは

6あたりを狙いましょう。

さすがに、いきなり10はムリなので。

そして、

大きく3段階くらいに分けて

10へもっていきます。

 

上記、ゆっくりから

ゆっくり練習のみでだんだん上げていくやり方とは

異なることがわかりますよね。

 

ただし、

① 速く弾く
② うまく弾けなかったところをゆっくり弾いて確認する

のやり方も、

はじめのうちは

うまく弾けずに

たくさん嘘を弾いてしまうはず。

必ず、②のゆっくり拾い直す過程を入れてください。

 

速度によって

使う筋肉や頭のハタラキが異なるので

速く弾かないと速く弾けるようにはなりません。

だからこそ、

ゆっくり弾いているだけでは限界がありました。

とうぜん時間はかかりますが、

この練習の回し方の場合は

もっと上の段階まで到達することができます。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました