【ピアノ】黒鍵盤の最低音をしっかり鳴らす方法

スポンサーリンク
本記事では、
88鍵のピアノにおける黒鍵の最低音(B音)を
ff でしっかり鳴らす方法をお伝えしています。

 

プロコフィエフ「ピアノソナタ第1番 ヘ短調 作品1」

をはじめ、

数多くの楽曲で

88鍵のピアノにおける黒鍵の最低音(B音)が出てきます。

ff などの強いダイナミクスでしっかりと鳴らすために

オススメの奏法が、

「グーで打ち下ろす」

という荒技です。

通常でしたら、

黒鍵というのは

グーで打とうと思っても隣の黒鍵も打ってしまうために上手くいきません。

しかし、

最低音のB音の場合は

黒鍵が1本だけ単独で配置されているので

グーで打ち下ろすことができるのです。

 

ベーゼンドルファーなどの

低音域の鍵盤数が多いピアノでは

打ち間違える可能性があるので少し注意が必要です。

鍵盤が無い訳ではないので

打ち間違えないように注意するだけでいいのですが。。

それ以外の多くの88鍵ピアノでは

この奏法は積極的に活用できます。

 

ものすごく鳴りますよ。

ここぞ!という勝負の一発だけ使ってみてください。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました