【ピアノ】長めにとどまるアウフタクト音の弾き方

本記事では、
「引き伸ばされたアウフタクト音の弾き方」について、
注意点を解説しています。

 

具体例として、

ショパン「ノクターン第2番」

一番初めの1音を思い出してみてください。

このアウフタクト(弱起)の8分音符は

「やや長めにとどまる」

と演奏解釈されることが多いようです。

実際、

楽譜通りに8分音符ピッタリの長さで演奏してしまうと

かなり素っ気ない印象になってしまいます。

 

一方、

「やや長めにとどまる」

というのは注意が必要な考え方です。

「その音だけを長く弾く」という意味ではないのです。

なぜ長めにとどまることになるのかというと

「その前後のアゴーギクが引き伸ばされているから」

このような理由からなのです。

したがって、

アウフタクトにやや長めにとどまったにも関わらず

1小節目に入った時に

すぐにテンポ通りになってしまうと

音楽的にはかなり不自然です。

1小節目に入ったところはやや丁寧に演奏し、そのあと戻す。

そして、

これら一連の流れを

ギクシャクしたりわざとらしくならないように調整する。

 

言葉で言うと

ごちゃごちゃしていますが、

やっていることは非常にシンプルです。

自然の流れに沿った演奏を心がけましょう。

 

ショパン「ノクターン第2番」について学びたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

「大人のための欲張りピアノ」シリーズ
  ショパン ノクターン第1番、第2番 徹底攻略 2冊セット

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました