【ピアノ】無闇にタメないこと

スポンサーリンク
本記事では、
「タメル」という少々誤解を招きやすい解釈について
話題としています。

 

「タメル」とは、

特定の音に長くとどまったりと、

たっぷり弾く時に使われている言葉です。

 

この言葉、私はレッスンでは使わないようにしています。

少し誤解を招くような言語表現だと思うのです。

「とりあえずタメルと音楽的」

などと思っている方がいらっしゃるのではないかと思うほど、

音楽の流れとは無関係に

タメてしまっている演奏が多いと感じます。

 

演奏をICレコーダーなどで録音して聴くことで

今一度見直してもらいたいことがあります。

「表現だと思ってやっていた ”タメ” で実は音楽が停滞していないか」

ということ。

 

もちろん、

「全てをインテンポで弾きましょう」

などと言いたいわけではありません。

大事に弾きたい音にやや長めにとどまることで

それがアゴーギクにつながることはあります。

しかし、

「ここではこういう表現がしたいから」

というのが明確に無いにも関わらず

「音楽的かもしれないからタメよう」

と思ってしまうのは少々危険です。

 

判断のポイントが難しいと思うかもしれません。

そこで、一つアドヴァイスです。

「急激なクレッシェンドの最中など
音楽の方向性が明らかに前へ向かっている時には
意図がない限りタメないことが基本。
ノンストップで弾き進める。」

これを踏まえておきましょう。

 

その他にも気をつけるべきタイミングはありますが、

まずはこれだけ。

そう思えば負担にならないはずです。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました