【ピアノ】「ゆっくり練習」で発生しがちな悪いクセ

本記事では、
「ゆっくり練習(拡大練習)で発生しがちな悪いクセ」
について解説しています。
ゆっくり練習は、非常に効果的な練習方法です。
一方、
やり方を間違えると
悪いクセを習慣づけてしまいますので、
練習時にどんな点に気を付ければいいのかを
知っておく必要があります。

 

本記事で取り上げている楽曲は

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

 

「ゆっくり練習で一番発生しがちな悪いクセ」とは

「必要以上に大きい動作をしてしまうクセ」

 

例えば、

ショパン「エチュード op.25-12(大洋)」

をゆっくり練習するとしましょう。

毎度手を横に移動するときに、

必要以上に手首を回したり

腕や肘の大きい動作を

つけてしまいがちです。

一方、テンポが速くなると

こういった弾き方では手の移動が間に合いません。

手首を大きくは使わずに、

手を横に「引っ越す」ようにして移動していかなければ

間に合わないのです。

 

つまり、

必要以上に大きい動作をしてしまっている練習は

「テンポが遅いときにだけ有効なもの」

となってしまい、

極論、練習の意味がほとんどないとも言えます。

 

「テンポが上がったときの動作を想定して、
その動作でゆっくり練習をする必要がある」

ということを念頭に置きましょう。

はじめのうちは難しいかもしれませんが、

悪いクセをつけないためにも

意識には置いておく必要があります。

「演奏動画」などを活用してまなぶのもいいでしょう。

 

繰り返しますが、

ゆっくり練習は非常に効果的な練習方法である一方、

やり方を間違えると

悪いクセを習慣づけてしまいます。

まずは本記事の内容を参考に

練習を進めてみてください。

 

各種基礎テクニックについてまなびたい方には

以下の電子書籍がオススメです。

◉「大人のための欲張りピアノ」シリーズ テクニック-基礎と応用- 3冊セット

 

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

 

また、

ゆっくり練習(拡大練習)について

焦点を当てた記事を書いています。

以下をご覧ください。

【ピアノ : 基礎練習】「ゆっくり練習(拡大練習)」に関する基本的な考え方

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました